話し方教室東京 コラム-パートナーと健全なコミュニケーションを続けるコツ!

「あなた」ではなく、「私」を主語にして伝える

パートナー間で誤解が頻発し、うまくコミュニケーションが取れない場合がある。では、パートナーと健全なコミュニケーションを続けるためにはどうしたら良いのか「カリフォルニア エイティーン」が記事で紹介している。

一般に「あなた」を使って相手のミスなどを批判する文章を作ってしまいがちだが、「私」を使い自身の要求などをしっかり示すことが大切だという。

また、過去を掘り起こして相手を論破などしようとする姿勢では、問題解決にはつながらないため、しっかりと現状に向き合って話を進める方がよいだろう。

感謝する、褒めるなどポジティブコミュニケーションを

感謝したり褒めたりして、ポジティブなコミュニケーションを取ることで、対立が生じるのを防ぐことが可能だ。深刻だと思っている問題であっても、実際は接し方を変えるだけで解決につながることもよくある。

また、イライラしているときでも可能な限り感情的にならないように心がけることで、合理的にコミュニケーションを取ることができる。

仮に自身がイライラしていることに気づいた場合は、休憩や散歩などをして精神を落ち着かせることが大切である。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で【話し方診断】実施中です!どうぞご活用ください。