話し方教室東京 コラム-聞き手を引き付けるスピーチをするために!

スピーチのスキルはすべての人に必要

パブリックスピーキングのスキルは、すべての人に必要である。学生なら教科書を読んでディスカッションしたり、トピックや経験について話し合ったりするだろう。また、社会人ならビジネスでキャリアアップのために経営者とアイデアを共有したり、プレゼンテーションをしたりする。

しかしながら、スピーチの準備は、多くの人にとって困難な作業である。そこで、いかなる場面でもスムーズにスピーチをするにはどのような準備が必要なのか、ジョセフ氏が「WBソフツ」の記事で紹介している。

聞き手を引き付けるにはスピーチの構成と練習が重要

スムーズにスピーチをするには、最初に聞き手を引きつけて結論を考えさせる内容・構成にしておくことが求められる。トピックの重要なポイントを視覚化することで、アイデアを共有しやすくなる。

また、本番前に友人、同僚などの前で自信を持って話せるようになるまで、リハーサルや練習を重ねると良い。

ボディーランゲージや声のトーンを変化させて聞き手の興味を持続させる

スピーチを行う会場などに合わせて適切な服装を選択し、ボディーランゲージや声のトーンを効果的に変化させることで、聞き手の興味を維持することもできる。

また、聞き手を調査して知っておくことで、トピックについてより説得力のある話ができるようになるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
どうぞご活用ください。