話し方教室東京 コラム-学校で子供達が「人前で話すスキル」を伸ばすコツ!

非言語コミュニケーションに注意する、息を吸って話すこと

学校でもクラスの前にでてクラスメートに向けて話をしたり、何かの発表をしたりする機会がある。しかし不安や恐怖があり、上手く人前で話せなくなる人も多い。

では如何にして人前で話すスキルを伸ばし、物事を上手く伝えられるようにするのか、ヨナ・ニョニ氏が「プレスティジアス スカラシップス」の記事で、その方法を紹介している。

人前で話す際には内面の考えや思いなどが、ボディーランゲージとして外面にでてくるため、言語的な部分はもちろん、非言語的な部分にも注意を払い、表情や姿勢を改善すると良い。

また、呼吸によって話す「ペース」や「間」、「声の強弱」などが決まるため、しっかりと息を吸い込み、話し方をコントロールすることを忘れてはならない。

本を読み語彙力をつける、信念を持って話すこと

人前で話すためにはどのような言葉を選び、どの場面で適切に使えるのか把握しておかなければならない。そのためには幅広い分野の本などを読むなどして語彙力を身につけておくことが大切だ。

そしてあなたの話したいことに関して信念を持つことで、情熱を示し、聞き手により強く訴えかけられると言える。また、工夫して興味深い話にすることで、聞き手に聞きたいと思わせて引きつけることも大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓