話し方教室東京 コラム-成功するプレゼンテーション!内容を熟知したら些細なミスにこだわらないこと

内容を熟知すれば堂々とプレゼンテーションできる

「アサップ」では、内容を熟知することで、人前で自信をもって堂々と話せると助言している。

たとえ人前で話すことが好きでなくても、より良い準備ができていると感じられれば自信をもってプレゼンテーションを行え、パブリックスピーキングの恐怖を乗り越えられるという。

プレゼンの主題やトピックについて深く理解すること、聴衆分析を行うこと

パブリックスピーキングにおいて、話し手は主題やトピックを深く理解し、隅から隅まで知っている状態が好ましい。自分が話す内容について熟知していると人前で話すプレッシャーが和らぎ、自信を持って堂々と話すことができる。また、ミスも減る。

そのためには、聴衆分析を徹底的に行い、興味・関心、知識レベルなど聞き手のニーズを理解した上で準備することである。

完璧なプレゼンテーションをやろうとしない

しかし、どれだけ時間をかけて準備しても、どれだけ鏡の前で話す練習をしても、完璧なパブリックスピーキングにはならない。計画通りに、思い通りに進むと思わないほうが良い。小さなミスの一つや二つくらいは誰にでもあり、些細なことには目をつぶることも大事だ。

そして、自分が話す内容を一字一句原稿に書き出し、原稿を丸暗記する行為は避けたい。原稿の丸暗記は、より恐怖や不安を煽ってしまう。もしも、本番で暗記した内容が思い出せないと、パニックを引き起こす要因となる。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓