話し方教室コラム-パブリック・スピーキングを楽しく最高のものにするには?

自分が興味があり楽しめることを話す

自然にパブリック・スピーキングが得意な人はほとんどおらず、それを楽しむ人も少ない。準備をするプロセスも退屈なことが多いことから、ほとんどの人が頭を悩ませている。そんなパブリック・スピーキングを楽しく最高なものにするために、実践すべき方法を、 ルドヴィグ・サンストーム氏がライフハックの記事で紹介している。

まずは、あなたが興味のあることを話すことが重要だ。既に知っているトピックスであるため、簡単に伝えることができるほか、あなたが楽しんで話せるため、聞いている人も楽しめるだろう。また、冒頭の入り方や、終わり方、そして全体の構成をスムーズに決められるため、何を伝えたいのかポイントを明確にしておくことも大切だ。

話すスピードや「間」を意識する

クリアに聞き取りやすく話すことも重要なことだが、話すスピードにも注意を払うべきだ。話すのが早すぎると、聞き手は理解することが難しくなる。ときには「間」をあけると良いだろう。

また、適切なボディーランゲージの使用も忘れてはならない。ステージ上を左右に歩いたり、同じ場所に立ったままになったりと、身体全体の動きに加え、手で表現することで、より聞き手にとって話の内容が分かりやすくなる。

■ 記事関連・話し方講座/初心者スピーチコース(あがり症専門・話し方教室)

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会