話し方教室 コラム-エンジニアはプレゼンテーション能力を磨け!

エンジニアのプレゼンテーションスキル

エンジニアは人前でのスピーチが得意でない傾向がある。インタレスティング・エンジニアリングでは、スピーチを効果的にする簡単なコミュニケーションのテクニックを紹介している。

紹介されているテクニックは、同僚などとのカジュアルな会話から、潜在的なクライアントの前で行うプレゼンテーションなど幅広く活用できると言う。

まず、自己紹介の練習をすることだ。プレゼンテーションで自己紹介が上手くいけば、残りの会話はスムーズに行える。相手の専門が何であれ自信を持って話すことで、相手は敬意を払い注意するようになり、話し手にとっても場が快適になる。

個人的な付き合いの会話では、称号や役職は避けシームレスな会話を心がけるとよい。

プレゼンでは状況と、聞き手がどのような人たちであるのかを把握し、表現力を変える。専門と専門外が混じっているスピーチは、適度に専門的な説明の側面を加えることも必要だ。

聴衆から得られる反応を意識してプレゼンを改善していく

エンジニアは、ジェスチャー表現が得意ではない、または少ない傾向がある。

ジェスチャーをするのが難しい人は、アイコンタクトを使い聞き手を観察・分析する。聴衆から得られる反応で自分がどのようなプレゼンテーションを行っているかを理解できる。

また、必要に応じてフィードバックカードを配り、今後の参考にするのも一案とアドバイスしている。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション・コーチング

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/プレゼン,プレゼンテーション/話し方スタッフ委員会