あがり症克服の話し方教室(東京)- 人前で話す「スピーチ恐怖症・あがり症」を克服するシンプルなコツ!

練習を重ねて、人前で話す時の「あがり症」を克服する

ある調査では25%近くの人が、人前で話すことに恐怖を感じるという結果が報告されている。人前で話す際に神経質になったり、恐怖によってうまく話せなくなったりする。つまりは、あがり症である。ではどのようにしてその恐怖を克服したら良いのか、その方法をフロリダ ニュース タイムズが記事で紹介している。

人前で良いスピーチをするには練習に練習を重ねて、スムーズに話せるように自信をつけることが大切だ。家族や友人の前で練習し、練習相手がいない場合はコーチを雇って練習するのも一つの手だと言える。

短いスピーチでよい、内容をしっかりと理解しておくこと

また、1語1句を覚えて話すのではなく、メッセージを確実に伝えられる話し方を身に染み込ませておくと良い。スピーチは完璧でなくても良いと認識しておくべきだ。

良いスピーカーはより短いスピーチで、意味があって目的のある内容にまとめる。スピーチの内容を自身でしっかり理解し、話し始めから中間点、最後までスムーズに移行できるようにしておくと良い。

トピックが重要である理由を説明し、聴衆の興味を引き、集中力を高めることができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©あがり症克服の名門・話し方教室 日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会