話し方教室東京 コラム-ビジネスパーソンは、人前で話すスキルを改善せよ!

人前での話はゆっくり話す、丸暗記をしない、フィラーワードを避ける

ビジネスにおいて成功している人は、ある程度の人前で話すスキルを持っている。人前で話すスキルは練習して改善することで、キャリアを向上させ、履歴書の新しい強みにすることができる。ではどのようにしてそのスキルを改善するのか、幾つかの方法をインディード エディトリアル チームが記事で紹介している。

人前で話す時はフィラーワードの使用を避けて、言うべきことを明確にすると良い。ただ、単語やフレーズを忘れた場合にパニックになったり、思い出すのに話が止まってしまったりするため、メモをそのまま覚えることは避けるべきだ。

また、言葉がはっきりと聞こえるように、通常の会話よりもゆっくり話すことも忘れてはならない。

パブリックスピーキングでは「間」を設ける、聞き手との関係を深めること

人前で話す際は話し続けるのではなく「間」を設けて聞き手に考える時間を与えると良い。「間」を設けるのは、重要なポイントや何かを説明したあと、質問を受けたあとなどに、より効果的だとされている。

また、聞き手に質問をし意見を聞いたり、話の内容にその回答を取り入れたりすることで、聞き手のエンゲージメントを高めることが可能。聞き手に関係のありそうな話題や例を使って話すことで、さらにつながりを深められるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会