話し方教室東京 コラム-効果的コミュニケーションで、リモートワーカーの生産性を維持しよう!

オフィスとリモートワーカーとのコミュニケーションをスムーズに

新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの企業がリモートワークを導入している。コミュニケーションと生産性の維持が難しいように思えるが、簡単な対策さえすれば、実際はそうではないとして、マリアーノ・ロドリゲス氏がその方法をハイボックスの記事で紹介している。

まずは、オフィスとリモートワーカーが、スムーズにコミュニケーションできるように、内部コミュニケーションツールを導入すると良い。専用の内部チャットなどを活用すれば、最新の情報などを迅速に伝えられるとともに、特定のグループだけに絞って会話も可能だ。

オンラインだけでなく対面コミュニケーションも実施する

また、企業が内部ツールを導入することで、リモートワーカーはコミュニケーションツールをプライベート用・仕事用と、完全に分けることができるだろう。

チャットによるコミュニケーションだけでなく、対面して会話ができる環境を作っておく必要がある。対面によるコミュニケーションを行うことで、リモートワークチームの士気が高まるとともに、生産性のアップにもつながる。

また、リモートワーカーの生産性に変化がないか、定期的にチェックし、より最大化できるように対策・改善をすると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会