話し方教室東京 コラム-幼児のコミュニケーション能力開発をどうすべきか?

幼児の会話発達の現状は?

幼児のコミュニケーション能力は、初期の段階からのサポートが大切だ。ナーサリー・ワールドでは、その中でも成長しにくい子供たちへのサポートを教育機関がどのように行うべきか、専門家によるアドバイスを掲載している。

幼児の会話発達を目標としている幼稚園や施設では、86%の子供がスキル成長を実現している。これはかなり高い割合だが、それでも14%が成功していない。

幼児のコミュニケーション能力開発は家庭環境や背景に合わせて

ではどのように行うべきか。子供の環境や背景に合わせた学習(遊び)が必要だと指摘している。裕福層とそうでない家庭の子供のスキルには、約10%のギャップが生じているという。

まずは住んでいる環境を理解し、子供の家族へのサポートが重要。両親との話し合いを出発点にし、子供の成長をともに行う姿勢が大切だ。ある施設では、アプリを利用して子供と遊ぶ提案を行い、親との繋がりを維持し良い結果を得ている。

また性別による違いもあり、それぞれの特徴に合わせた接し方、遊び方、話し方を考える。

コミュニケーション学習機会の「質」を重視すること

そして、与えられたコミュニケーション機会の「質」が大切だ。少人数グループでの会話に効果を示した研究結果もあり、例えば言葉のない絵本を使って大人が説明をし、子供たちに表現できる時間を作るなどがあげられる。

■ 記事関連・話し方講座/親の会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会