営業・セールスの話し方教室(東京)-顧客を購買者にするセールストーク!

顧客の話を傾聴してニーズ分析、具体的かつ明確な商品説明を

コミュニケーションは、販売において割引オファーよりも間違いなく重要で、単なる顧客を購買者に変えることができる。

では、どのようなコミュニケーションでアプローチすれば、顧客を購買者にすることができるのか、その方法をアンビスタで紹介している。

まずは顧客の話に耳を傾けて、ニーズを把握することが大切だ。ニーズ分析がしっかりできれば、オーダーメイドのように見せられるオファーを提案できる。

また、具体的かつ明確な商品の説明や紹介をしないと、顧客が混乱してチャンスロスにつながってしまう。あまりにも価格や条件が良い商品でも詳細が説明されていないと、リスクがあると顧客に思われる可能性があるため、注意が必要だ。

ストーリーテリングで、顧客の感情に訴求するコミュニケーションを

商品などの販売においては顧客の感情に訴えかけるようなコミュニケーションも求められる。効果があるとされているのが「ストーリーテリング」で、頭の中にイメージを浮かび上がらせ、情報を固定するのに役立つ。

価値と目標を示すために「なぜ」というのを伝えなければならない。「なぜ」それをアピールしているのか顧客に伝えることで、同じ視点から物事を見てもらえるようになるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セールス専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会