あがり症克服の話し方教室(東京)-ポジティブ思考で、パブリックスピーキングの「あがり症」に打ち勝つ!

心をポジティブに保って、パブリックスピーキングを乗り越える

「ウォ二アド ドットコム」では、パブリックスピーキングの恐怖や不安は軽減するには、心をポジティブにすることが重要であると強調している。

パブリックスピーキングに伴う恐怖や不安は、過去のトラウマ的体験から生じる場合もある。しかしながら、実際のところ、多くは何の根拠もないという。

例えば、「緊張のあまりスピーチ中に気絶したらどうしよう」など根拠もないのにネガティブな推論に至り、その結果、不安や緊張が増幅するという。

そこで、心の力が問われる。ネガティブな思考では何事も悲観的に考えてしまう。心をポジティブにすると、考え方が前向きになる。ポジティブな思考によってネガティブな感情が抑制され、不安は和らぐという。

否定的言葉を肯定的に言い換え、自分に言い聞かせてイメージトレーニングを

ネガティブとポジティブは表裏一体である。まず、自分のネガティブな考えを素直に受け入れる。そして、ネガティブな考えをポジティブな考えに変換する。

つまり、発想の転換である。否定的な言葉を肯定的な言葉で言い換えることにより、ポジティブな考えとして捉えられる。

ここで重要なのは、ポジティブな考えを自分に言い聞かせることである。

さらに、ポジティブな考えを言い聞かせながら、それを体現した自分の姿を思い描いてみる。ポジティブな自己暗示、イメージトレーニングである。ポジティブなことをイメージし続けると、現実でも、イメージ通りに実践できるという。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会