話し方教室東京 コラム-スピーチ・プレゼンテーション能力を磨き、自己価値を高めよ!

人前で話すスピーチ・プレゼン能力を磨けば、自信もつく

「ディーエヌエー」では、人前で言葉巧みに話すには、徹底した聴衆分析、入念な事前準備と下調べが重要になると説明している。

人前で話すスピーチやプレゼンテーションは、事実や情報を的確かつ効率的に伝える手段、相手を説得して影響を与える手段である。

パブリックスピーキング能力を磨くことにより、自分の付加価値が高まり、自信が付く。特に、リーダーシップにおいて、パブリックスピーキング能力は重要であるという。

聞き手を理解し聞き手目線で伝える、話し手が伝える内容を深く理解する

話し手は、聞き手の要望、前提知識や理解度を把握したうえで、聞き手目線での伝達が求められる。相手の視点から物事を捉えて話の構成や展開を考え、言葉や表現を選ぶことにより、聞き手の理解が促される。

また、パブリックスピーキングにおいて、聞き手の理解を促すには、まず、話し手が伝える内容を正しく理解する必要がある。話し手自身が理解できていない内容、不明瞭な部分がある内容では、聞き手の理解は得られない。

それゆえ、地道な下調べが欠かせない。例えば、具体的な数字、曖昧な部分や不確かな部分などを徹底的に確認する。事前準備と下調べを怠らず、自分の言葉で説明できるまで準備する。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会