あがり症克服の話し方教室(東京)|スピーチの恐怖を克服し、良いスピーチをする!

スピーチの前に、やり過ぎと思えるくらいの準備をする

スピーチは人とのつながりを深め、あなたのアイデアをシェアするために重要な機会となる。しかし、米国国立精神保健研究所の調査では、アメリカ人口全体の73%が恐怖を感じていることも分かっている。如何にしたらその恐怖を解消し、より良いスピーチができるのか、ジョイス・ウォルザック氏が7月13日のCOの記事で紹介した。

あなたが話そうとしているトピックについて理解を深め、やり過ぎと思えるくらいまで準備をすると、自信を持つことができる。鏡や友達、家族、ウェブカメラなどの前で練習を重ねると良いだろう。

また、会場に早めに到着し、その雰囲気や備品、マイクのチェックをすると、気持ちの準備が可能だ。

スピーチの本番では、ゆっくりと話し出すことで自信が伝わる

急いで話すのは、あなたが緊張していると示すことになる。ステージに上がってすぐに話し出すのではなく、一度間をおいてゆっくり話すと、オーディエンスに自信を持っていると感じさせることもできる。

また、オーディエンスは個々の集まりであると認識し、彼らとコミュニケーションをしていると思っておけば、あがり症や緊張も解消し、より自然に話せるようになる。

■ 記事関連・話し方講座/
あがり症専門・話し方教室(初心者スピーチコース)
重度あがり症・声の震え・吃音・どもり・赤面 矯正専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/あがり症克服の名門・話し方教室 日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会