話し方教室東京 コラム-リモートチームのコミュニケーション法とは?

毎日ビデオ会議で相互理解、コミュニケーションツールを駆使し孤立させない

リモートチームとは直接顔を合わせて作業ができないため、通常のオフィスでの作業よりも難しくなる場合がある。そういった状況でもうまくコミュニケーションをとっていくにはどうしたら良いのか、アーカッシュラブズがその方法を記事で紹介している。

リモートチームとは相互にしっかりと理解していくために、毎日ビデオ会議の時間を設定して、懸念事項や質問などを聞くことが大切だ。

リモートチームに孤立していると感じさせない迅速な応答をするため、音声通話やメールなど様々なツールを駆使すると良いだろう。

仕事の目的や納期を明確にし、コミュニケーションを取る際のルールを決める

リモートチームと頻繁にコミュニケーションをとると、作業が止まってしまい生産性が下がってしまう。そのため「24時間以内にメールを返信する」や「特定の時間には電話をかけない」など、コミュニケーションをとる方法を決めておくべきだ。

また、リモートチームが「なぜその仕事をするのか」や「プロジェクトの締め切りがいつなのか」など、明確に説明をしておくことでよりスムーズに作業を進めてもらえるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/チームワーク,チームビルディング/話し方コラム・スタッフ委員会 提供