話し方教室東京 コラム-リーダーはチームコミュニケーションを改善せよ!

チームのコミュニケーションを改善する

より良いコミュニケーション開発を行うためには、リーダーはチームのやり方や現状を理解している必要がある。

シンシナティ ドットコムでは、チームのコミュニケーションを改善するためにリーダーが注意するべき点は、「沈黙」の存在だというコーチングの専門家のアドバイスを掲載している。

チームコミュニケーション開発の前に、リーダーがやるべきこと

コミュニケーション開発の前にリーダーは、チーム間の協力は行われているか、どのくらいの頻度で話し合いが行われているか、どのようなツールが使われているかなどの現状を把握し、会議のときも一歩下がって様子を見る。

コミュニケーションの見直しで、リーダーが間違いやすいのは「沈黙は肯定の証し」と納得してしまうことだ。沈黙と言っても、単に参加していないか、発言を恐れて言わないかで意味が異なってくる。

チームで働くときは、賛同を得られる形で物事を進めていく必要がある。気持ちを共有できないと、業務の生産性やモチベーション、ビジネスの成功に影響する可能性があるからだ。

皆が積極的に話し合いに参加し、個々が意見を交換しているのかを確認することが大切である。

リーダーは、スタッフが意見を述べやすい安全な環境を実現すること

スタッフがどのような性格であれ「沈黙」が存在すれば、それはリーダーやチームの透明性に問題があると考えられる。耳を傾けるリーダーやチームであれば、意見を述べることを恐れたりはしないからだ。

その上で、オープンで安全な環境を作るためのコミュニケーション計画を立てることだと言う。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会