話し方教室「チーム管理のためにリーダーに必要なスキルとは?」(話し方ニュース東京)

リーダーに必要なスキルとは?

テックスペクティブでは、リーダーになるためのスキルについてアドバイスを掲載。その中で分析と管理、チームや従業員との関わり方について紹介している。

リーダーに必要なスキルとして、自己評価やコミュニケーションなどがあげられているが、その中の一つに「聞き取りと分析」能力について述べている。優れたリーダーは従業員のニーズに耳を傾け、分析しながら個々の要求に気を遣っているものだという(2018/09/16)。

従業員のタイプに応じた管理をする

だが組織は個人の集まりであり、それをすべて受け入れることはできない。さらにプロのチームになると、完全に異なる個性を持つ従業員が多いため、リーダーの仕事は困難になってくる。そこで、従業員の基本的なタイプを2つに分けることができるという。

一つはルール厳守タイプで、厳しい規則とリーダーの明確な指示を好む人だ。ビジネスに革新をもたらすタイプではないが、堅実なため管理は難しくない。

もう一つは情熱的で手順に従うことを嫌うタイプ。ある程度の自由を与えることで創造性を発揮するタイプだが、協調性を維持するためにも100%の自由を与えないよう注意が必要だとしている。

こうした分析のもと、成長できるチャンスを与えること、最善を尽くすための見本となる努力をすることなどをアドバイスしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームマネジメント/話し方教室ニュース・スタッフ委員会