話し方コラム-従業員のモチベーションを高める接し方・コミュニケーションとは?

フレンドリーな職場環境を築き、個々の社員に気配りを

従業員のモチベーションを高め、個々のパフォーマンスを改善することは、会社の収益の最大化や生産性の向上にもつながる。接し方などを変えることで、モチベーションを高められるとして、その方法をニライ・マハンティ氏が9月10日のオーナーズ・マガジンの記事で紹介している。

まずは、フレンドリーな職場環境を作ることが大切だ。接し方のほかにも、照明や動線の確保などに努めることで、より生き生きと仕事に取り組んでもらえるようになる。

また、チームが大きければ大きいほど、個々に気を配るようにすると良い。成功や良い成績を収めた人はしっかりと褒めることで、従業員が特別な気分になれるとともに、モチベーションの向上にもつながっていく。

上司が従業員の手本になり、アイデアや考えを共有するコミュニケーションを

従業員にしっかりと働いてもらいたいのならば、上司が手本となるべきだ。楽観的で理解力を示し、倫理的な文化を確立する必要がある。チームが上司の気持ちや姿勢に注目するようになり、会社の目標に向かって一致団結していくだろう。

また、従業員の声をないがしろにせず、アイデアや考えを自由に共有できる環境を作っておくことも重要だ。定期的に上司が話を聞く時間を設け、どのようにしたらより効率的な働き方などができるのか聞くと良い。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社内コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会