話し方教室コラム-プロジェクトマネージャーのコミュニケーション戦略

効率的な組織作りのためのコミュニケーション頻度

マーケティングテックは、代理店におけるプロジェクトマネージャーが従業員に行うべきポイントについてアドバイスを掲載。時間管理と計画的なコミュニケーションが良い組織作りを構築する鍵となるという。

チームで働くときのコミュニケーションは、多すぎても少なくても良い結果にならない。口答だけでなく、SNSでのメッセージなどが多くなると、複雑になり作業が中断される。優先順位を付けられず返信で時間を無駄にしてしまう。また少なすぎると、プロジェクトの期限が最優先され良い結果を得ることができない。

コミュニケーションの理想はその中間であり、コミュニケーションのバランスを取ることでマネージャーはタイムマネジメントが行えるようになる。

チームにコミュニケーション計画と説明責任を

まずはコミュニケーション計画を策定すること。チームに合わせた方法を選び、何のために誰と話し合うなどを決めておく。計画はプロジェクト進行の間、必要に応じて調整する必要がある。

また各チームメンバーに説明責任を持たせる。責任を持たせることで定期的な報告を行うようになり、マネージャーも現状を把握しやすくなる。マネージャーはチームが働きやすく、仕事を良い方向に導く役割を果たす必要があるからだ。

よく管理された組織でも簡単なことではないが、コミュニケーションの頻度や境界線を設定することは、物事を効率よくすすめる上で大切だ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方コラム・スタッフ委員会