話し方教室コラム-言語障害のある子供の「言語能力」を高める!

ゲームや遊びに興味を持たせて言語能力向上をはかる

これまでは、言語障がいのある子どもには、言語能力を高めるための選択肢がなかった。しかし、今は新しい治療法と訓練を受けた専門家が存在しており、特定の言語を話すことなくコミュニケーションをとれるようになるとされている。では如何にそういった子どもの言語能力を高めるサポートをしていくのか、ニューズ・フックが記事で紹介している。

まずは、言語能力を高めることに集中するあまりに、子供が興味を持っていないものを押し付けないことが大切だ。ゲームやアクティビティ遊びに興味を持たせて、言語能力向上へのプロセスに子どもが自発的に関わるようにすると良い。

様々な機器を利用し、辛抱強く子どもの言葉を待って言語能力を開発する

可能な限り多くの支援機器の使用をすることも1つの方法だ。例えば、画像やイメージで単語を表示するデバイスによって、子供の言語能力向上に大きな影響を与える。

また、子どもが話そうと思える環境やスペースを作ると良い。その上で、自分自身を表現して、自発的に話そうとしているときは、中々言葉がでてこなくとも、辛抱強く待ってあげることが大切だ。親は子供の身体的・感情的・心理的ニーズを理解するために最大限の注意を払い、ストレスを感じさせずに取り組ませると良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/言語能力開発/話し方教室ニュース・スタッフ委員会