会話・雑談力の話し方教室(東京)-職場での会話・雑談にはメリットが大きい!

職場での会話・雑談は煩わしい面もあるが、幸福感につながる面もある

職場でのおしゃべりは企業では重視されないが、ミントに掲載された記事によると、実はアイデアを出し合う「ブレーンストーミング」よりも生産的になる可能性があるという。

アカデミー・オブ・マネジメント・ジャーナルに発表された研究では、151人の労働者に対し15日間にわたって毎日の「スモールトーク」を調査、職場の会話の3分の1がスモールトークであったとしている。

結果は、例えば納期前の忙しい状況では煩わしさを感じるが、一方でそのスモールトークによってポジティブな感情を高め、職場での幸福感につながったことを示す2極化の結果が見られたという。

職場での会話・雑談が、信頼関係構築や仕事のストレス軽減に役立つ

組織心理学者のアーディティ・ラグラム博士は、スモールトークが、特にマネージャーとチームの信頼関係を築くのに役立つと述べている。仕事がスムーズに行かないときでも、1人が頑張っていると連帯でその責任を果たそうとするからだ。

現在のように、リモートワークが多くなっている状況から、記事ではマネージャーが週に1回程度、オンラインで「カジュアルトーク」を行い、従業員同士の気軽な小さな悩み等を相談できる場づくりをすることを勧めている。

おしゃべりを通じて楽しみ、労いあうことで、仕事でのストレスを軽減する効果もあるとしている。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会