話し方教室「人間関係が面倒な時の過ごし方とは?」

人間関係が面倒な人へ

人間同士が生活していくためには、人間関係を築いていかなければなりません。しかし時には、人間関係が面倒に感じることもあるでしょう。

人間関係が面倒な時は、他人にどう接すれば良いのでしょうか。

無理して、自分から話さなくてもよい

人間関係を面倒に感じてしまう時は、話すことを減らして、相手の話を聞くことを心がけましょう。話すことは億劫に感じても、聞くことなら少しはましでしょうから。

また話を聞くことは、コミュニケーションの基本でもありますので、相手の話を聞きながら、時折相づちを打つ。その程度でよいのです。それだけでも相手は共感してもらえたと思うはずです。人間関係が億劫なときは、無理して頑張らないこと。力を抜いて無理なくやればよいと知りましょう。

無理して、人間関係を築く必要はない

「人間関係が面倒」と感じる時とは、「無理に人間関係を築こうとしている」時でもあるのです。そんな時は、相手はその気持ちを察知し、距離を置くものです。ですから、無理に人間関係を築こうとしなくても良いのです。そして、そのくらいの気持ちでいた方が、むしろ、あなたらしく自然に振舞えるでしょう。

実は、自然に振る舞っている時は、まわりの人たちは、あなたに対して魅力を感じていることが少なくありません。そうなると、人間関係は自然に築かれていくことにもなります。人間関係が面倒、人間関係に疲れた時には、本学の話し方教室講座:「人間関係改善コーチング」を受けていただくのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/人間関係,対人関係/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修