日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「会議の進行に意外な効果!会議前のちょっとした雑談」


会議前の雑談で、アイスブレイク

会議の進行役であるファシリテーターとしては、会議で参加者が活発に意見を交わすことを期待しています。

しかし、実際に会議を始めてみると、なかなか意見が出なかったり、一部の人ばかり発言したりで、なかなか思うように会議が進まないことがあります。

そこで効果的なのが、雑談。

会議を円滑に進めるには、会議前にちょっとした雑談を取り入れましょう。気持ちが和みますので、意見が出やすくなり、会議の活性化が期待できるのです。

 
ファシリテーション/イメージ画像:写真AC

リラックスして会議に臨めば、活発な会議になりやすい

会議で多くの人が何らかの発言をするようにするには、会議の参加者がリラックスしていることが大切です。

会議で発言が少なくなってしまう原因として、参加者が緊張していることがあげられます。緊張していれば、口数が少なくなりますし、発言しようにも、発言できなくなってしまいます。

逆にリラックスしていれば、あがり症の人でも、会議の際に発言しやすくなるものです。

「会議」は、会議の前からすでに始まっていることを知る

会議の前には、ファシリテーターが率先して、雑談の話題を振ってみましょう。ファシリテーターの役目は、会議の前からすでに始まっていると言ってよいのです。

話題は、ちょっとしたことでかまいません。

最近流行している映画のこと、近くにおいしいランチが食べられる店ができた、という内容でも十分です。また、余裕があれば、冗談を言ってみましょう。適度な笑いは、緊張をほぐす効果が期待できますから。

以上述べましたように、会議を円滑に進めるために、ファシリテーターには会議前に参加者と雑談して、コミュニケーションをとっておくことをおすすめいたします。

もし、ファシリテーション(会議の司会進行)や、ちょっとした雑談に自信がない方は、本学の話し方教室講座で練習されるのがよいでしょう。


コピーライト 会議司会,ファシリテーションの技術なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/ファシリテーション/学院総長監修 


  • 2017年1月07日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。