会話・雑談力の話し方教室「年上の人と、どう会話すればよいのか?」(話し方講座東京)

親子以上に年齢が離れている人との会話とは?

20代の方の中には、「50代の人と、どう会話・雑談すればいいか分からない」とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。同世代とは簡単にコミュニケーションがとれるのに、50代の方を前にすると、固まってしまい、うまく会話ができない場合がありますよね。

世代が離れた方とは、どのように会話をすれば良いのでしょうか。

一つ尋ねて、たくさん語ってもらい、会話をするのがコツ

50代の人と会話するときに最も簡単な方法は、一つ尋ねて、たくさん語ってもらうことです。50代の方は、当然ながら人生経験が豊富なので、ちょっと質問をすると詳しく教えてもらえることが多いのです。得意分野について質問すると、ここぞとばかりに、思う存分話すこともしばしばです。

50代の方は、難しい話をする場合もあるかもしれませんが、そんなときは、「○○という言葉は、どんな意味ですか?」とこれまた尋ねれば良いのです。異なる世代と話をすることは、新たな知識や、今までと違ったものの見方を知るのに、とても良い機会と言えます。

同世代のみが知っている言葉を控えて、会話をする

また、自分から相手の方に対して話をするときは、敬語を使うことは当然ですが、同世代だけが知っている言葉を使うのは控えたいものです。

例えば、20代の間では「ググる」という言葉が一般的に使われていますが、50代の方を相手に「ググってみてはいかがですか?」と問いかけると、相手の方は意味が分からないかもしれません。

もし意味不明な言葉を連発されれば、それを使うあなたに対し、相手の方は不快に感じてしまうことでしょう。上記の件なら、「インターネットで検索してみてはいかがですか?」と問いかける方が無難といえます。

20代同士での会話なら、最近の流行語を使うと会話が盛り上がりやすいですが、目上の方と話をするときは、あくまでも相手に敬意をはらい、気遣い、相手が分かる言葉を使いたいものです。

話し方教室の要点「目上の人との会話、雑談の話し方とは?」

1.目上の人は人生経験が豊富。ちょっと質問をすると詳しく教えてもらえることが多い。得意分野について質問すると、ここぞとばかりに、思う存分話すこともしばしば。

2.同年代との会話なら、最近の流行語を使うと会話が盛り上がりやすい。しかし、目上の人と話をするときは、あくまでも相手に敬意をはらい、気遣い、相手が分かる言葉を使いたいもの。

もし、目上の方との会話での話し方を改めて学びたい方は、東京にある話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院の話し方教室講座をご利用になるのが良いでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修