話し方教室「伝わるスピーチ!まずは、繰り返しと具体化を」(話し方講座東京)

わかりやすい、伝わるスピーチのスキル

わかりやすスピーチのためには、どうすればいいんだろう?とお悩みではありませんか。

もちろんテクニックはたくさんありますが、初心者向けには、「繰り返し」と「具体化」がポイントでしょう。それだけでも、わかりやすく伝わるスピーチができるようになるものです。

わかりやすく伝えるスピーチのテクニック「繰り返し」

スピーチの内容を理解してもらうためには、繰り返しが効果的です。そして繰り返しには、同じキーワードを繰り返す方法と、言い回しを変えて同じ内容を繰り返す方法とがあります。

同じ言葉を繰り返すと「くどいと思われるのではないか」などと、余計な心配をしてしまう人には、後者の繰り返しをお勧めします。そうすれば、スピーチで何度も同じ言葉を言う必要がありませんので、くどさも感じにくくなります。

わかりやすく伝えるスピーチのテクニック「具体化」

こちらは、具体例で見ていくことにしましょう。

例えば、結婚式のスピーチで「彼は、とても良い方なんです」と、それだけ話す人がいます。しかし、これでは、「彼」の人となりがまったく分かりません。お世辞にしか聞こえないのです。

そこで、「彼は、とても良い方なんです。常にコミュニケーションを欠かさない方ですし、場を明るくするために笑顔を絶やさない方なんです」という話し方なら、その人の「良さ」がよく伝わるのではないでしょうか。

初心者(初学者)向けのスピーチスキルなら、まずは上記の二つをお試しください。

話し方教室の要点「初心者でも使えるスピーチスキルとは?」

1.初心者向けスピーチ・スキルとして、「繰り返し」がある。そして繰り返しには、同じキーワードを繰り返す方法と、言い回しを変えて同じ内容を繰り返す方法とがある。

2.初心者向けスピーチ・スキルのもう一つに、「具体化」がある。事実に焦点をあて、それを少し詳しく描写する方法である。

さて、スピーチ能力はキャリア・アップに不可欠の能力です。スピーチを断トツに上達させたい方なら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが一番でしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修