日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

営業の話し方教室|商品のストーリーを語り、顧客の信頼感を高めよう


営業の第一歩は、相手の興味をひくこと

新規営業で顧客の会社や自宅を訪問した際、話を聞いてもらえるケースはあっても、契約まで至ることはかなり難しいものです。

そこで、もし少しでも話を聞いてもらえるケースがあるのなら、より興味が持てる話の内容にしてみてはいかがでしょうか。たとえば、商品に関するストーリーを語ってみるのです。

 
営業/イメージ画像:ぱくたそ


商品に関するストーリーを語って興味をひく営業トーク

営業マンなら、販売する商品の内容については熟知していることでしょう。しかし、商品説明をしっかりと行っているのに、契約まで結びつかないとお困りの方は多いはずです。

そこで、商品に関するストーリーも合わせて語ってみましょう。例えば、あなたが住宅の営業をしているとします。

「我が社の住宅の特徴は、地震に強いことです。数年前に、震度6~7の大きな地震があったことはご存じでしょう。そのとき多くの家が被害を受け○○エリアでは、全壊、または半壊という状況でした。

しかし我が社の住宅には、被害がありませんでした。そのため地震の後も、通常通り住み続けることができたのです。耐震性を高めることに注力してきたからにほかなりません」。

このように、地震に強いことをストーリーとして語ることで、顧客は、話に耳を傾けやすくなるのではないでしょうか。

商品に関する口コミを語り、共感を誘う営業トーク

さらに効果を高めるには、商品に関する口コミも語ることです。

例えば、「地震の後、我が社が販売した住宅にお住まいの方を訪ねてみましたが『被害がほとんどなく、安心して住むことができます』とお褒めのお言葉をいただきました。お客様に喜んでいただいて、とてもありがたいです」と伝えてみるのです。

また口コミにとどまらず、「新聞や雑誌でも我が社の住宅が、こんな風に紹介されていました」と伝えて、その実際の記事をお見せすることもあるでしょう。

まとめ/話し方教室の要点:売れる営業マンのポイント

①商品説明をしっかりやっているのに契約が取れない営業マンは、商品のストーリーを語ってみる。

②ストーリーの中に「口コミ」も登場させて、共感を誘う。

商品についてのストーリーを語り、顧客と多くのコミュニケーションをとることができれば、顧客の営業に対する信頼度も高まり、契約に結びつきやすくなることでしょう。

営業における自然な流れの話し方・セールストークは、話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室専門講座で学んでいただくのがよいでしょう。


コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/入門・教養講座 スタッフ委員会/営業・セールス/学院総長監修


  • 2018年4月25日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。