話し方教室「聴衆を引き付ける!魅力的なスピーチを行うには?」

魅力的なスピーチをしよう

スピーチ経験が豊富な方は、スピーチ慣れはしています。しかし聴衆にとって魅力的なスピーチができる方が、どれほどいるのでしょうか。そこで今日は、魅力あるスピーチについて述べてみたいと思います。

そのコツとは、メリハリのあるスピーチをすることです。つまり、抑揚をつけたり、強調すべき点を力説しスピーチすることが大事になるのです。語るべき熱い想いがあれば、なお効果的でしょう。

エネルギッシュで、メリハリあるスピーチを

魅力あるスピーチとは、エネルギッシュで、メリハリの効いたスピーチです。

エネルギッシュといっても、最初から最後まで力強く元気よく話し続けるだけでは、話し手は疲れますし、聴衆も飽きて来てしまいます。また、どこが強調ポイントなのかがわかりにくくなってしまいます。

そこで話し手は、スピーチの出だしは、聴衆に語りかけるように話します。そしてその後、大切なポイントを伝える時には、声を大きくしたり、ジェスチャーを交えたりするなど、強調しながら伝えるのがコツです。

語りかけながら伝えている時と、強調している時とでは、ギャップが大きいため、聴衆にとってインパクトあるスピーチとなるはずです。

あなた自身の熱い想いを、スピーチに込めたい

そして、何よりも大切なことは、あなた自身の強い想いをスピーチに込めることです。普段のコミュニケーションでも、想いが強ければ、自然と言葉に迫力がでてきます。それを、スピーチにも活かして欲しいのです。

どうしても、〇〇であって欲しい、△△することが皆の利益になる、そんな強い思いを込めてスピーチを行ってみてください。

話し方教室の要点「ワンランク上の魅力的スピーチをするポイント」

1.「メリハリ」のあるスピーチをすること。抑揚、強弱、スピードなど。

2.自身の「強い想い」をスピーチに込めること。

上記の2点も、それを実施するとなると、かなり難しいことがおわかりになるでしょう。

そこで、スピーチの超上級者としての話力や話し方を磨きたい方、魅力的な話がしたい方は、スピーチの名門・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室専門講座で、深く学ばれるのが一番でしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修