話し方教室 教養講座-スピーチの不安を解消し、優れた話し手になるには

スピーチ不安解消のためのいくつかの方法

スピーチをする際に不安を感じる人の中には、「SAD」と呼ばれる社会不安障がいを持つ人がいる。そういった人でも不安を解消し、優れたスピーカーになれるとして、その方法をアーレン・カンシック氏が、ベリーウェル・マインドの記事で紹介している。

不安レベルを低下させるには、毎日運動をすると良い。特にスピーチの日の朝は、有酸素運動をすることで、エンドルフィンが高まり、不安を和らげることが可能。お気に入りの服を着用することで、より快適になり、スピーチに集中することもできる。

また、スピーチの前にオーディエンスに会い、話をしておくことで、相手があなたを評価するために来場していないことが確認できる。これによりストレスも少なくなるだろう。

スピーチの時は内容に集中すること、失敗しても世界は終わらない!

オーディエンスの役に立つものになるように、スピーチの内容に集中することで、不安を軽減することもできる。

また、そのスピーチで失敗があっても、「世界が終わるわけではない」という考えを持っておくと良い。オーディエンスとしてスピーチをきいたことがある人なら分かるが、スピーカーが失敗しても、その人に対して批判の目を向けることはない。人の立場になって物事を考えることで、気持ちもより楽になるだろう。

■記事関連・話し方講座/初心者スピーチコース(あがり症専門・話し方教室)

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院 提供/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教養講座・スタッフ委員会