日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「話材/売れる商品・サービスの条件」


金融商品に感じる不満とは?

国民生活センターの調べでは、「金融商品に感じる不満」として以下のものが挙げられています。

①仕組みや制度が複雑。

②説明資料がわかりにくい。

③契約・解約手続きが煩雑。

④判断する情報が不十分。

⑤生活設計にあわない。


売れる商品・サービスの必要条件とは?

どうやら、上記を解消することが、売れる商品・サービスの必要条件となりそうですね。
すなわち、その条件とは、

①仕組みや、申し込み手続き等がシンプルなこと。

②説明資料がわかりやすいこと。

③買うか買わないかを判断する情報が充分であること。

④お客さんのニーズに合致した商品・サービスが存在すること。

必要条件を満たすだけでは、商売にはならない

考えてみれば、これらの4条件は当たり前のことなのですが、クリアー出来ていない会社・ショップの方が圧倒的に多いのです。

しかし気をつけなければならないのは、これらはあくまでも必要条件であって、十分条件ではない点です。当然、他にも大切なことがいくつもあることを忘れてはなりません。

商売をやっていくのは、なかなか大変なことなのがわかりますよね。


話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京/話材


  • 2009年4月21日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。