話し方教室「話材/達人の段取り力とは」

TV「料理の鉄人」

かつて一世を風靡したテレビ番組に「料理の鉄人」という料理番組がありました。和食、洋食、中華の鉄人達がプライドを賭けて料理の腕を競う番組です。

私の印象に残る人は、和食の鉄人・道場六三郎さんです。彼は強かった。

番組では、司会者からスタートの声がかかると、鉄人たちは一世に、即、自ら調理に掛かります。自ら手を動かし調理にあたりながら、アシスタント料理人に、口頭で指示を出すのです。

和食の鉄人・道場さんの「段取り力」

しかし道場さんだけは違っていました。

彼はすぐには調理に着手しません。まずやることは、紙にその日の料理の「品書き」を書きはじめるのです。

つまり、先に目標・ゴールを明確にする。それから調理に掛かる。そこが、道場さんと他の鉄人達との違いだったのです。

まずゴールの設定、次に実行、これが勝利の方程式

まずもって目標・ゴールを明確にすることは、勝利・成功の方程式、セオリーと言ってよいものです。

目標・ゴールを明確にすれば、そのための方法・手段も考えやすくなります。また、他人からの協力も引き出しやすくなるのです。

道場さんの強さの秘訣はここにあった、というのが私の所感です。

さてさて、皆さんの、人生の目標、仕事の目標、自己開発の目標・ゴールは、明確になっているのでしょうか?

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京