話し方教室「話材/成功する人の、不況期の過ごし方」

経済環境が厳しい時の考え方

昨今、大企業では徐々に、業績が回復してきていますが、中小企業になると、まだまだ丸っきりと言ってよいほど、景気の先が見えない状態にあります。

リーマン・ショック以降、もう2年にもなりますが、依然、経済環境が厳しい状況に変わりはありません。

この状況を突破するには、会社にしろ、個人にしろ、外部環境や他人のせいにしないで、「自己責任」で頑張るより方法はないのです。

普通の人の・不況期の過ごし方

さて、「不況期には、2通りの過ごし方がある」のをご存じですか?

一つは、殆どの人達がやることですが、「じっと動かず、状況が好転するのをただ待つ」過ごし方です。

そして、状況が好転してから、ようやく、ボツボツ自己に投資しようかと動き出します。ですから、飛躍できるタイミングは、それから更に何年か先になります。

おまけに自分が飛躍する時は、周りも同時に飛躍するわけですから、抜け出すことができません。

成功する人の・不況期の過ごし方

一方で、「不況期だからこそ、この時がチャンスとばかりに、積極的に自己投資を行う」過ごし方があります。こちらは、圧倒的に、少数派です。

このタイプは、状況が好転した時には、すでに力を付けていますので、一気に跳び出し、一気に抜け出すことができます。人生や会社経営で、成功できるタイプはこちらになります。

現在、毎月、本学に、続々とご入学になっている方の殆どは、後者のタイプです。皆さんが懐(ふところ)に余裕がある方ばかりでは、決してありません。

人生とは「選択」なのですから、上記のどちらの過ごし方を選択することも可能です。生き方は自由です。

では、質問します!
「あなたは、今、この時期、どちらの過ごし方を【選択】していますか?」

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話材