日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「中堅社員の話力・コミュニケーションスキルとは」


中堅社員に必要な話力とは

中堅社員とは、新入社後3〜5年程度経った社員です。彼らは、会社や自分の仕事については、すでによくわかるようになっています。

中堅社員の話す場面は、社内外への報告連絡相談はもちろんですが、それ以外にも、後輩社員への指導や10分程度の発表・プレゼンテーションが入ってきます。

中堅社員に必要な話力をどうやって開発するか

つまり、新入社員の話力に加えて、10分程度のプレゼンテーション能力開発が彼らの話力開発テーマになります。

そうはいうものの、彼らにとって10分プレゼンは、相当に大変なもののようです。

これが上手くなるポイントは、情報の構造化がきちんとできるかどうかに、かかっています。

会社の将来を担う中堅社員の話力開発

後輩指導ができて、10分の発表能力がある中堅社員は、上司からも、後輩からも頼りにされる存在です。彼らの中から、次代の管理職が誕生するのです。

中堅社員としての話力を備えた社員は、会社の将来の幹部候補生。なぜなら、幹部の条件は、判断力、話力、実行力にあるのですから。

会社の将来を担う中堅社員の話力開発。会社としても予算を取り、積極的に支援して欲しいものですね。


社員の話力開発なら話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話力

※「話力」は、本学の特許庁登録商標です。どなたも本学の許可なく、使用することはできません。ご注意下さい。


  • 2010年10月08日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。