話し方教室「話材/飲んべえの戯言(たわごと)」

「プロの居酒屋」めぐり

私は、プロの居酒屋さんが好きである。

インターネットで、焼きトンのうまい酒場が池袋にあると知っていたので、初めてそのお店に入ってみた。

カウンター席に座って、即、アサヒ・スーパードライの瓶ビールと、焼きトン5串、そして店の看板メニューらしき肉豆腐を注文。

う~ん、うまい!追加で、野菜の串焼きと、ホッピーをオーダー。

酒場は、たわいもない会話で賑わう

酒場では、ほかのテーブルのお客さんの話し声も聞こえてくる。

「私は新潟でね~。評論家の桜井よし子は、新潟出身なんだよ」
「はっきり言う人だよね~」

「私は蕨に住んでて、ここからは近いですよ。ゆっくり飲んでも、余裕で帰れます」などと、たわいもない会話が続いている。

そんな時、30代と思しき隣のお客さんが私に声をかけてきた。

彼「おしゃれな飲み方をされますねー」
私「あ、そう?」

彼「ビール、焼きトン、肉豆腐から始まって、ホッピーですよね」
私「まあね」
彼「いいですね~」

などと、まったくどうでもいい会話が交わされるのだ。

居酒屋めぐりの私の流儀

私の酒場での流儀は長居をしないことに決めている。好きなものを食べて飲んだら、サッサと席を立つ。なぜなら、私は酔いたいから来ているのではない。

うん、うまかった。また来よう。

今度は焼きトンの好きなアイツも連れてこようか。きっと、たわごとを言っては、何軒かはしごするはめになるなぁ・・。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話材