話し方教室「話材/日本人って、子供なの?」

「明日の外出は、お控え下さい」と、大人に言う?

昨日(土曜)の夜は、関東も春の嵐で、雨風が台風並みに凄かった。でも、今日(日曜)の東京は、風は強いものの晴天だ。

一昨日(金曜)夜の、テレビの天気予報で気になった点がある。

それは「明日・土曜日の外出は、お控え下さい」と、予報士が言って
いたことだ。

一つのテレビ局だけではない。幾つかの局でそう言っていたのだ。

「外出はお控え下さい」。これは一体、誰に対して、言っているのだろうか。

子供に? 

いや、そうではない!夜の遅い時間帯のテレビだったから、きっと、大人に対して言っていたのだ。

「危険・泳ぐな!」と、「危険・自分の責任で泳げ!」の違い

私は思う。大人なら、外出するかどうかの判断は、自己責任で、自分で下すもの。だから、「外出はお控え下さい」は、余計なお世話だと。

それで思い出したことがある。

私は若かりし頃アメリカに何カ月か滞在した。その時のこと。川や海の危険なところには、看板があった。そこには「危険」とは書いてあっても、決して「泳ぐな」とは、書いてなかったのだ。

もしこれが日本なら、「危険」、「泳ぐな」と、書いてあるところだ。

では彼の地アメリカでは、何と書いてあったのか。実は、「危険」、「自分の責任で泳げ」と、書いてあったのだ。

つまり、泳いでもよい。でも、何があっても自分の責任だよ!ということ。これがアメリカなのだ。ここには、人を大人として扱う文化がある。

人を子供として扱う言葉づかいを、やめよう!

一方、日本では、人を子供として扱う文化があるように思う。大人に対して、(危険だから)「泳ぐな」、(雨風強いから)「外出するな」と、平気で言える(書ける)国なのだから。

さて、先の「明日・土曜日の外出は、お控え下さい」は、どう表現すべきだったか。

外出するかどうかの判断は、大人である視聴者各人に任せるのが正しい。そうすると、せいぜい、「外出の場合は、ご注意下さい」になる。

日本人は、もっと、人を大人として扱うようにならなければいけない。日本人は、もっと、大人にならなければならない、私はそう強く思った。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話材/日本人