話し方教室「ロボットが、話し方教室の講師になる日」

●「ロボカップ」というロボットのサッカー世界大会が毎年行われている。目標は「2050年に、人間の世界王者に勝つこと」だそうだ。

ロボカップの源流は日本だ。

「1993年 ソニーCSLの北野宏明や大阪大学の浅田稔、電総研の松原仁(現:公立はこだて未来大学)ら、日本の研究者がRoboCupを提案。」(ウィキペディア)

●今から35~36年後のことなら、私もまだ健在かもしれない。ぜひ、この目で、ロボットが人間に勝利するのを見てみたいものだ。

思うに、ロボットや人口知能の進歩は目覚しいので、私は2050年には上記の目標が達成できていそうな気がする。

たぶんその頃には、人間と対等に話し、コミュニケーションが普通に取れるロボットも出現しているに違いない。

話し方教室の講師を ロボットがやっていたりして・・・

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院/エッセイ