話し方教室「何が言いたいか分からない人へ『伝える技術』」

何を言いたいか分からない話し方

皆さんの話は、聞き手に伝わっているでしょうか?聞き手から「何が言いたいのか、分からない!」と言われた経験はありませんか?

今回は、言いたいことを「キチンと伝える話し方」について、お話します。

要点を絞って話す

言いたいことを、言いたいだけ話す。こんはことをやってはいませんか?話すには、要点を絞ることが大切なのです。でないと伝わりません。そして、そのポイントは3つです。

かつての首相・田中角栄さんも「用件は便箋1枚に大きな字で。 初めに結論。理由は3つまで。この世に3つでまとめきれない大事はない」と言ったといいます。

一文は短く話す

また、文章が長すぎることはNGです。長すぎると、途中で意味が分からなくなります。端的に簡潔に、短文でまとめること。それで、何が言いたいかが伝わりやすくなります。

歯切れのいい声で話す

内容だけでなく、よりよく伝えるためには、声も大事です。はきはき話すことです。モゴモゴ話すと聞き取れませんから、結局伝わりません。特に、あがり症の人は気をつけたいですね。

いくら沢山本を読んで情報収集し、かつWEBでしっかり調べてすばらしいプレゼンの中身を準備したとしても、「聞き取れない声」では、伝達はゼロ。そのプレゼンは無かったに等しいものになります。

言うは易し、行うは難しの伝わる話し方

さて、まとめます。話の要点は3つ。文章は短く。歯切れのいい声で。
これだけで、がぜん話が伝わりやすくなり、説得力もでてきます。でも「言うは易し、行うは難し」が実際でしょう。

では、どうするか。

どの分野の達人も、始めから達人であったわけではありません。訓練、訓練、そして訓練を積んだ人だけが、達人になっているのです。ですから皆さんも、完全習得に向けて、訓練していただければよいのです。

いっしょに、頑張って行きましょう!

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京入門・プレ講座 スタッフ委員会/スピーチ/学院長監修