日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

あがり症克服の話し方教室「あがり症でも大丈夫!上手な自己紹介の方法」


自己紹介の狙い

初対面だと緊張して、あがってしまうことはありませんか?
でも、ご安心ください。どなたにも同じ経験がありますから。知らない人に会うと、誰しも警戒してしまうからです。

しかし、生きていく上では、多くの人と関わらざるをえません。そして初めて人と会う時に、必要になるのが「自己紹介」です。

自己紹介の狙いは、自分について話すことで、「相手の警戒心を解く」ことと、もう一つ、「自分に好感を持ってもらう」ことにあります。

 


自己紹介、どうすればいい?

自己紹介で第一印象が決まる、と言われます。では、どうしたらよい印象を持ってもらえるのでしょうか?

よく、自分の出身や趣味など話す人がいますが、それは意味があることなのです。多くの人は自分との共通点を見つけたいと、無意識に思っています。そして出身や趣味がいっしょだと、近しく感じるのです。

さて、自己紹介のポイントを、いくつか挙げてみましょう。

①まずは表情

「笑顔」で自己紹介してください。そして大きな声でハキハキしゃべることで、相手は好印象を持ちます。もちろん、相手の顔を必ず見て話してくださいね。

②肝心の話の中身

否定的なワードは使わないでください。そしてポイントをグッと絞り、自分のことを語ってください。初めからうまくはいきませんので、色んな機会に実施しながら、修正していくことが、中身をよくする秘訣です。

③話す時間

本学では、「自己紹介は、簡潔をもってよしとする!」と言っています。長すぎると、何が話したいか分からないですし、そんなに注意して聞いても貰えません。1分内、と考えればよいでしょう。

④言葉づかい

皆さんは大人ですので、どんな相手にもタメ語ではなく、丁寧な言葉を選んで話してください。言葉遣いでお里が知れることにもなりますから。

1回目から、上手な自己紹介はない!

1回目の自己紹介から、満足できる話ができる人はいません。もし上手い人がいたら、何回も修正して話をしてきた人です。

ですから、あなたも、失敗してもチャレンジし続けることが大事です。でももし、自分が あがり症で話すことに難があると思う人は、話し方教室に通ってみる といいでしょう。

教室では、講師に自分のよくない点を教えて貰い、直してもらえます。また、話し方教室に通うチャンスがない方は、本を読んで話し方について学んでみる のも参考になると思います。

人は一人では生きていけません。多くの人と関わることで、多くの知見を得られ、人生も広がっていくのが人生です。

まずは、自己紹介を気軽に始めてみませんか?


コピーライト 自己紹介のスピーチなら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 /入門・プレ講座委員会/スピーチ/学院長監修 


  • 2015年9月17日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。