会話・雑談力の話し方教室「グループで話す、グループトークの際の会話のポイント」

複数人での会話・雑談が苦手なあなたへ

一対一で話すことは出来るけど、グループ内で話すことは得意じゃない。そんな人は実は少なくありません。

今回は、グループトークが苦手なあなたのために、複数人とでも、すんなりとその輪に入って会話が楽しめるようになる方法をご紹介しましょう。

グループトークの基本ポイント

複数人で話していると、自分がどのように振舞うことが最適なのか分からなくなってしまうことがあります。話を聞いているだけでは会話に参加しているとは言えませんし、だからと言って自分が中心になって話をする自信はないし・・。

大丈夫です!以下にグループで会話をする際のポイントをまとめてみました。

1.相手の話にリアクションを取る

話をただボーっと聞いているだけでは、コミュニケーションではありません。

相手の言葉に合わせて「へぇ~そうなんだ」、「うんうん」、「知らなかった!」と、相槌を打つと、それが周囲にも伝染してグループ内での雑談にも一体感が生まれます。

2.話をしている人の顔を見る

複数人での雑談が苦手な人の中には、話をしている最中に舞い上がってしまい、自分が何を話しているのか分からなくなってしまう人もいます。

そういう人が、話をせずにグループ内での雑談に入っていくためには、話している人の顔を見ることが良いでしょう。

そうすることによって、話し手にもグループ内にも「聞いています」ということが伝わり、一体感を醸し出せます。

3.グループ内の共通の話題を探す

自分が中心になって話さなくても、話題を振ることは出来ますよね。そういう時には、なるべくグループ内でみんなが共通して会話できる話題を探しましょう。

誰かを置いてけぼりにしてしまうと、楽しい会話ではなくなってしまいます。もしも話題を知らない人がいた場合は、解説を織り交ぜながら話をするとよいでしょう。

4.会話・雑談の基本は、すべて一対一

実は、雑談をする際の基本が人数で変わることはありません。一対一の会話が出来る人は、グループでの会話もできるのです。

話している人の目を見て、相槌を打ち、お互いに楽しい話題を探す。これは一対一でも、一対多でも、変わりようがないのです。

たくさんの人と会話・雑談を楽しむ

複数人で会話をすることは、一対一では感じられない楽しさもあります。

今まで話したことのなかった人と話すこと。自分の知らない話題を知ること。自分とは別の考えを持つ人の意見を聞いて刺激を受けること。そのどれもがあなたを成長させてくれます。

また、グループの中心になって話をする人の話し方を見て、真似てみる   ことで、あなたも話し上手になっていけるかもしれませんね。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/入門・プレ講座 スタッフ委員会/会話力・雑談力/学院総長監修