話し方教室「感じのいい『話しかけやすい人』になるためには?」

「話しかけるな」そんなオーラを出してませんか?

仲良くなった友達に、「初めて会った時は怖かったよ」、「すごい話しかけにくかった」、「機嫌悪そうだった」などと言われた経験はありませんか?自分では普通にしているつもり、それどころか「誰か話しかけて!」と心で叫んでいるにも関わらず、怖いと思われてしまうことってありますよね。

この「話しかけにくい人」と、「話しかけやすい人」の間には、一体どのような差があるのでしょうか?また、初対面の相手にも話しかけてもらえるような人になるには、何が必要なのでしょうか?

話しかけやすい人の条件

話しかけやすい人というのは、たいていコミュニケーション能力が高い人です。ですから、話しかけやすい人を見習えば、あなたのコミュニケーション能力の向上にも役立つことでしょう。

ではここから、具体的に、話しかけやすい人の条件を見て行きましょう。

1.感じの良い挨拶をする

「おはようございます。いい天気ですね!」。朝、そんな風に声を掛けられて嫌な気持ちになる人がいるでしょうか。まだ顔だけしか知らない状態であっても、感じ良く挨拶をしてくる人には、こちらからも声を掛けやすいですね。

2.清潔感のある服装

服装にはその人自身が現れます。好きな服を着ることは決して悪いことではありませんが、印象を良くするためには、清潔感があり、適度にオシャレな方が良いのです。

3.笑顔が多い

ムスッとした表情をしている人と、口元に微笑みを浮かべている人がいた場合、大多数が微笑みを浮かべている人に話しかけるでしょう。

その人がどんな人か分からない段階では、表情や服装から判断するしかないためです。笑顔も、作り笑いではなく、微笑みがベストです。

4.姿勢がよい

背筋がピンと伸びている人と、猫背の人の印象はだいぶ違います。些細なことのように感じますが、姿勢が良いだけで明るい快活な人に見えるというのは、かなりオトクなことではないでしょうか。

さてさて、いかがでしょうか。話しかけやすい人というのは、実は、社会人としてのエチケット&マナーが、実際に、キチンとできている人とも言えそうですね。

鏡の前での練習や挨拶から始める

話しかけやすい人の条件が分かったら、あとはチャレンジあるのみです。「顔が怖い」と言われる人は、真顔や無表情がそのような印象を与えてしまっているのですから、まずは鏡の前で自分の表情を見てみましょう。

それから笑顔の練習をしましょう。本学の話し方教室では、笑顔で話すレッスンを行うこともあります。なぜなら、コミュニケーションと笑顔は密接な関係にあるからです。また、あがり症で自分から話しかけられない、話し方に自信がないという人でも、挨拶さえきちんと出来れば、良い印象を与えることは出来ますよ。

まずは、無理なく出来ることから少しずつ始めていって、いずれ近いうちに、あなたも話しかけやすい人になってくださいね!

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/人間関係,対人関係/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修