あがり症克服の話し方教室「あがり症でも大丈夫!聞き取りやすいスピーチのポイント」

あがり症でスピーチが苦手な人でも、すぐに使えるコツ

スピーチでは、どんな話し方をすれば良いのか分からない」という方や、「あがり症でスピーチが苦手」と感じる方は多いのではないでしょうか。

苦手意識を持ったままスピーチをしてしまえば、聞き取りにくいスピーチになってしまうでしょう。しかし、スピーチが苦手な人や、経験が少ない人でも、聞き取りやすいスピーチを行うことはできます。

今回は、聞き取りやすいスピーチのポイントをご紹介することにしましょう。

強調したいところを強く発声する話し方

スピーチの中で、特に強調したいところは強く発声しましょう。所々で強い発声をすることで、聞いている側としてはメリハリが感じられるほか、注意を引きつけられます。

例えば、最近は地方の山あいで熊の出没が増えているので、熊の性質についてのスピーチを行うとします。

「熊は凶暴なイメージがありますが、実は、臆病者なのです。臆病な熊に対しては、自分の存在を示すことが大切です。山に入るときはリュックに鈴をぶら下げることが対策となります」と話す場合、強調すべきは「臆病者なのです」の部分でしょう。

熊は「臆病」な性質を持っている、ということを強調して示すことで、聞いている人たちは意外性を感じつつも、対策を考えることができます。

強調した後は、間を入れることで効果倍増

先ほどのスピーチで「実は、臆病者なのです」と言った後は、少しだけ間を入れてみましょう。少し間が入ることで「熊は臆病だったんだ」ということが、より一層記憶に残るようになります。

また、「実は」の後に少し間を入れて「臆病者なのです」と言うと、意外性がより高まります。

強調しつつ、所々に間を入れる。そうすることで、スピーチにメリハリがつき、聞き手は耳を傾けてくれます。このことは、日常のコミュニケーションの際にも応用することが可能です。

効果的なスピーチを習得したい方は、本学の話し方教室講座で詳しく学んでいただくのがよいでしょう。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/スピーチ/学院総長監修