会話・雑談の話し方教室「会話を広げるコツ!連想力を高めよう」

会話を広げる

「会話が切り出せない、会話を広げられない」とお悩みの方も多いことでしょう。会話を広げるためには、コツがあります。

そのコツは、頭を柔軟にして、一つの物事に対していろいろと連想してみることです。連想することによって、会話を大きく広げることができます。

連想することで会話を広げる

会話を広げるためには、連想することが大切です。例えば、会話の相手は去年子供が生まれたばかりの人だとしましょう。

その情報を知っていれば、「お子さん、かわいいでしょう」と話しかけてみたり、「夜中にも泣いて、大変ではありませんか」と気遣ったりすることができます。

「お子さん、かわいいでしょう」と話しかけると、「初めての子供だから、とてもかわいいの!我が子って、本当にかわいいのね」と喜びをあらわにするかも知れません。

一つの出来事からいろいろなことを連想しながら、会話をふくらませていきましょう。

会話で連想するコツ

連想するためのコツは、物事をあらゆる角度から眺めることです。例えば、雨が降っているとしましょう。

雨から連想されることと言えば、「小雨」、「にわか雨」、「夕立」など、雨の種類が思いつきます。

そのほかにも、雨が降ることで「傘を買おう」、「洗濯物をしまわなきゃ」「ワイパー交換しなくちゃ」、「ちょっと雨やどり」など、いろいろなことが思いつきます。

連想で思いつくことを会話に応用すると、会話は大きく広がります。

雨が降ってきたとき、「ワイパー交換って、自分でできるの?」などと会話を切り出すことができます。相手は、「ワイパー交換って、すごく簡単だよ!」と返すかもしれませんね。

上記のように連想することによって、会話がはずみます。本学では「拡散思考」と称してお教えしています。

早く上達してい方は、業界No.1の本学の話し方教室講座で学んでいただくのがよいでしょう。そうすれば、誰とでも、1時間以上、会話が楽に、続くようになります。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/会話・雑談力/学院総長監