話し方教室東京 教養講座-営業再開を成功させるコミュニケーションのポイント!

営業再開前に情報共有でスタッフの不安を解消、顧客には変更点を案内

飲食店などが営業を再開するためには、それを成功に導くためにはスタッフや顧客、サプライヤーなどとの明確かつオープンなコミュニケーションが求められる。ではいかにしてそういったコミュニケーションを実現させていくのか、その方法をカナディアンインスティテュート オブ フードセイフティが記事で紹介している。

まず営業を再開する前に上司はスタッフに連絡をとり、どのような規制や制限などがあるのかを周知し、仕事に戻る際にやらなければならないことを伝えるべきだ。明確に情報共有することでスタッフの不安の解消につなげられ、仕事に戻りたいかしっかりと各自で判断することができる。

また、顧客にはウェブサイトなどを通じて営業再開において、どのような変更点があるのか知らせておくことも大切。ソーシャルメディアなどでメニューの写真などを共有すれば、そこで美味しい食事ができると思いださせることも可能だ。顧客データなどがあれば、パーソナライズしてメールの送信などをするとより効果的に集客することができるだろう。

営業再開後はスタッフにフィードバックを求め、顧客に安全対策を告知

営業再開後にも新しい作業環境で何が機能していて、何が課題になっているのかを把握するために、スタッフと定期的な会議を行うべきだ。デジタルプラットフォームを介して効率的に行い、フィードバックを聞いて会社としてができるのか知らせていくと良い。

また、現状では外食することに不安を感じる人が多い。そのため顧客にはポスター掲示をして、入店制限や席間の確保などといった安全対策を講じていることを伝えておくと安心感を与えることができる。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会