話し方教室東京 教養講座-仕事や人生のために、話し方・聞き方のスキルを改善せよ!

コミュニケーションスキルは、重要なソフトスキル

コミュニケーションスキルは仕事だけでなく、様々な場面で重要となるソフトスキルの1つだ。特に新型コロナウイルスのパンデミックでリモートワークを導入する企業などが増加しており、そのスキルの必要性も増してきている。

アムキャットの記事でアユシ・ パンダア氏がコミュニケーションスキルを改善していく上で、知っておくべきことを紹介している。

論点をそらさないで伝える、ボディーランゲージに注意する

まず途中で論点をそらさず、相手が理解しやすいように内容を短く簡潔にすることが大切だ。コミュニケーションの開始時と終了時にはその重要なポイントを繰り返すことで、効果的にメッセージが伝えられるようになり、相手が対応しやすくなる。

また、ボディーランゲージをうまく使って相手に自信があるように見せると良い。採用担当者などと話しているときにバランス良くアイコンタクトを行えば、会話に完全に集中していると示すことも可能だ。

フォーマルな話し方を習得する、相手の話を忍耐強く聞く

職場では先輩や同僚とコミュニケーションをとるが、先輩と話すときにはフォーマルな話し方ができなければならない。特に文章においては勘違いが生じたり、ネガティブな印象を与えたりするので、略語やSNSで使うような言語の使用も避けるべきだ。

また、相手の話を積極的に聞くことで相手の言いたいことや意思が理解でき、あなたが口を開くときには相手の興味を引く話し方ができるようになる。まずは忍耐強く最後まで人の話を聞くスキルを磨くと良い。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会