話し方教室 教養講座-積極的に聞き方・話し方の向上に努めて、ビジネスコミュニケーション能力を磨け!

ビジネスコミュニケーション能力は努力で身につける

「HR」では、ビジネスコミュニケーション能力を向上させるには聞き方や話し方が重要であり、共感力、説明力、要約力、傾聴力が求められると説明している。

なかには生まれつきスピーチの才能があり、弁が立つ人もいるかもしれない。しかしながら、殆どの人達は、時間を掛けて努力をしてビジネスコミュニケーション能力を身に付けるしかないのだ。

日常の中で積極的に聞き方や話し方の向上に努める

ビジネスコミュニケーション能力において、共感、簡潔、正確、明瞭が重要になる。つまり、共感力、説明力や要約力、傾聴力が求められる。そこで、日常の中で他者と言語にて意志疎通を図る機会を見つけ、聞き方や話し方のスキルを磨くことが重要だ。

例えば、建設現場マネージャーなら、現場スタッフや現場責任者との日常的なやり取りを通じてビジネスコミュニケーション能力を磨くことができる。

相手の考えを尊重しながら、相手に合わせて日常会話のスタイル、職場でのコミュニケーションスタイルを変えてみる。これによりコミュニケーションの質は高まり、その結果、プロジェクトの進捗状況、生産性、売上高など仕事のパフォーマンスに反映される。

コンフォートゾーンから脱け出し、新しいコミュニケーションスタイルを試す

会話するのが苦手である、自分から話し掛けるのは難しいなど上手くコミュニケーションが取れず、ビジネスコミュニケーション能力に自信がない場合、まず、自信を付けることから始める。

ビジネスコミュニケーションに対する自信を高めるには、コンフォートゾーン(居心地の良い場所、安心領域、快適領域)から抜け出す必要がある。

コンフォートゾーンから脱却してアンコンフォートゾーン(居心地の悪い場所、不快適領域)に身を置き、新たなコミュニケーションのスタイルに挑戦してみる。そうすればコミュニケーションに気付きがもたらされ、コミュニケーション能力の向上につながる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓