話し方教室 教養講座-資金調達に向けて効果的なスピーチをするには?

普通の宣伝ではないことを認識してスピーチの準備を

資金調達のためにスピーチを聞きにきているオーディエンスは、潜在的な寄付者であると言える。そういった人から、いかにして寄付を得るのか、効果的なスピーチ方法を、チャリティー・チョイスが記事で紹介している。

まず、通常の組織のサービスに関する宣伝ではないと認識し、「資金調達」に焦点を絞って、スピーチの準備をすると良い。オーディエンスの感情に訴えかけることで、よりつながりを深め、アクションに導くことができる。

自分を偽らず、ネガティブな意見にフォーカスしないでスピーチ

スピーチに対してネガティブな意見をするオーディエンスは一定数存在する。最終的な目的は、寄付を得ることであり、そういったオーディエンスの行動や意見に悩まされるべきではない。

また、自分を良くみせようと、偽ることは避けるべきだ。ほかの良いスピーカーになろうとすると、自身の固定観念によってスピーチや行動をしてしまう。本物のあなたを表現することができず、結果的に弱い部分を露呈することになるだろう。ありのままの自分をさらけだし、自分らしくあることで力を発揮できるようにするべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会 提供