話し方教室 教養講座-プレゼンテーションが苦手な人が、プレゼンを成功させるコツ!

プレゼンテーションの必要性を理解する

ビジネスをしていれば、プレゼンテーションをしなければならない人は多いだろう。現代は学生でも、そういう機会は多くなっている。

だがプレゼンテーションは苦手だという人は、決して少なくないはずである。それはプレゼンテーションを行う時に、間違いだらけの悪い方法をなぞっているからである。ビジネス・ツー・コミュニティーに、プレゼンテーションを成功させるコツが記載されている。

プレゼンテーションが失敗する原因

まず人前で話す際に失敗する最大の原因は、聴衆を知らないと言うことである。何を欲しているどういう聴衆の前で話さなければならないのかを事前調査することが、プレゼンテーション成功の第一歩である。

また話し手は、どうしても調べて得た知識を全て話そうとしてしまう。その結果ほとんどの場合、冗長なスピーチとなってしまいがちである。

プレゼンテーションを成功させるには

実は、考えているプレゼンテーションの半分くらいの長さがちょうどいいと言うことだ。その方が伝えたいメッセージが明確になり、よりインパクトのある形で聴衆の記憶に残る可能性が高くなると言う。

そして当然のことではあるが、声に出して練習をする。1人きりでの練習ばかりではなく、信頼できる人の前でも発表してみる必要があると言う。

その際に早口で話してしまうと、聴衆の注意を失い信頼性を失うことになる。さらにはその練習を録音して、自分で客観的に聞いてみたり、信頼できる人からのフィードバックをもらったりすることも重要である。

またメモに頼りすぎず、聴衆とはできるだけアイコンタクトを取るようにすると、集中して聞いてもらえると言う。

聴衆はスマートで洗練されたものを求めているのではなく、自分が何について話しているのかを知っている冷静沈着な人だと安心できると言うことだ。聴衆は信頼性を求めているということを忘れないで準備をしていけば、必ずや成功するだろう。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供