話し方教室東京 教養講座-コーチング・コミュニケーションで、ビジネスの生産性を向上させる!

コーチングとビジネスコミュニケーションの深い関係性

フォーブスでは、コーチングとビジネスコミュニケーションの深い関係性について説明している。

ビジネスにおいて、コーチングは人材育成・能力開発、組織の成長・発展を促すアプローチとなる。個人あるいは組織の成長・発展、目標達成を支援するうえで、あらゆるビジネスコミュニケーションに最善を尽くすことが求められる。

コーチは時に厳しく、時に優しくクライアントに接する

優秀なコーチ(コーチャー)は、コーチングアップ(下から上に対する働き掛け)とコーチングダウン(上から下に対する働き掛け)におけるバランスが適切である。

また、「説明責任」「配慮・思いやり」が求められるため、時に厳しく、時に優しくなることが理想的である。

例えば、「ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載された従業員エンゲージメント調査では、従業員のうち8.9%が厳しい上司と関わっていると回答した。一方、優しい上司と関わっていると感じている従業員は6.7%であった。しかしながら、大多数(68%)は、上司を厳しいながらも優しいと感じていたという。

オープンコミュニケーションと、チームと個人の目標管理が重要に

コーチングでは、オープンコミュニケーションが重要である。企業・組織内において誰もが気軽に意見を交わし、話し合えるような開放的なコミュニケーションを図る。

また、企業・組織のミッションステートメント(行動指針)をはじめ、ビジョンや到達点は明瞭簡潔に提示する。

チームで共有するべき価値観や行動、目指すべき到達点に対して、チームメンバーの認識を一致させることにより、個々が積極的に行動を取るようになる。その結果、チームの成長・発展が促されて目標を達成できる。

その際、マネージャー、リーダーなどコーチとなる人は、個々の目標とチームの目標を関連付け、個人の目標設定・進捗確認・評価を行うように意識する。チームに照らし合わせて個人の目標管理を行うと、結果として、チームの生産性・効率性は向上するという。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コーチングコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会