話し方教室 教養講座-金融業界における話し方・聞き方のスキルの重要性

話し方・聞き方のスキルは、業界でのキャリアと同じくらい重要

金融業界では顧客とのコミュニケーションがあるためソフトスキルも重要な要素になる。ビジネスインサイダー・オーストラリアでは、ファイナンシャル担当者が、顧客とコミュニケーションを行う上で特に注意したい点について述べている。

コミュニケーションは、業界でのキャリアと同じくらい大切な要素になる。

積極的傾聴で、顧客の要求をきちんと理解する

まずは、コミュニケーションは「能動的」であること。リスニングには「受動的」と「能動的」がある。前者は何気なく耳に入ること、後者は意思を持つ、つまり積極的に聞くことだ。

これは、顧客側に伝える難しさがあるからだ。専門的な分野を理解している側が相手の要求をきちんと把握する必要がある。

顧客に専門用語を用いる場合には注意する

また、もう1つ注意するべきことは、相手が専門用語を知っていると仮定して話をしないこと。職場で専門用語が多くを占める金融業界やハイテク企業などは、多くがそれを知っていると前提した上で話す傾向にある。

しかし顧客と話すときは思いやりに欠けてしまう。

顧客対応はメールに頼らず、対面や電話でもしっかり行う

そして、対面や電話での対応を怠らないこと。メールは迅速な伝達が可能だが、相手がすぐに対応するとは限らない。複雑な内容には、電話や対面のほうが早く誤解などのリスクが少ない。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/コミュニケーションスキル/話し方教養講座・スタッフ委員会 提供