話し方教室 教養講座-コミュニケーションスキル上達には「話す努力」と「聞く努力」を!

コミュニケーションは理解し、理解されることが大事

ザ・デイリー・イリ二では、コミュニケーションスキルを向上させるためのシンプルな方法について掲載している。コミュニケーションは相手がいることが前提であり、理解し理解されることが大切であるとしている。

コミュニケーションスキルは、日常生活からビジネスまで様々な状況で必要とされているスキルだ。記事では、スキルを学ぶ上で基本となる心得をアドバイスしている。

コミュニケーションスキルについての指摘は、受け入れ、学び、改善する

まず、コミュニケーションスキルの欠陥を指摘されたら、耳を傾け事実を受け入れること。言い方や表現、振る舞いを否定される、指摘されることがあるが、これまで身についた習慣は、学び育った環境や社会的要因もあるため、必ずしも自分だけのせいではない。

辿ってきた人生を変えることはできないので、そのことを気にしたり、悩んだり、目をそらしたりするのではなく、まずは受け入れ、学び、改善することでスキルアップにつながる。

忍耐強く、相手を理解し、自分を理解してもらうこと

次に、自分が話すときは相手が理解しているかを確認し、相手が話すときは自分が理解しようとする。話す努力・聞く努力はときには忍耐が必要だが、誤解などを避けるために会話をすることは良い習慣となる。

スキルアップのために、誰もが同じやり方である必要はない。会話が上手な人、書くのが上手な人、表現方法は様々ある。それぞれの才能を開発させることが大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/コミュニケーションスキル/話し方教養講座・スタッフ委員会 提供