話し方教室東京 教養講座-会って話す!対面コミュニケーションで、相互理解を

対面コミュニケーションの重要性

コンピューターワールドでは、職場のコミュニケーションで大切なのは対面であると指摘。コミュニケーション不足の原因の1つに、テクノロジーをあげており、改善する必要性があると述べている。

従業員のコミュニケーション不足による経済損失は?

ある調査によると、10万人規模の従業員を抱える企業において、従業員のコミュニケーション不足による損失額は、平均で6240万ドルという報告がある。

社内でメールやSNS、コミュニケーションツールが混在しており、従業員間の繋がりだけでなく、プロジェクト管理や部門間、支店同士の連絡など、膨大な数になることがある。

こうした便利なツールには、生産性を向上させる大きな可能性を秘めているが、上手く使いこなせなければ効率的にはならない。必要なもの、そうでないものと最小限にとどめることが大切だ。

誤解を避け、相互理解を図るには、できる限り対面で話すこと

最も効果的なのは、メッセージを明確にし、簡潔な言い回しを行うこと。どのツールが必要か社内でアンケートをとるなど従業員のやりやすい方法を考える。

最も重要なのは、メールなどは必要最小限にとどめ、会って話すこと。それができないときはビデオ会議など、できるだけビジュアルを意識する。

私たちのコミュニケーションの65%が視覚的な理解に頼っており、相手の表情や仕草が分かることで誤解を避け、相互理解に役立てることができる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/ビジネスコミュニケーション/話し方教養講座・スタッフ委員会 提供